本文へスキップ
FOUNDATION OF PUBLIC INTEREST OF TATEMATSU
公益財団法人 立松財団

財団の概要

立松財団 紹介動画


(音声が出ますのでご注意ください)

立松財団 設立趣意書

 立松 巌は、昭和29年、トヨタ車体株式会社の取締役社長に就任して以来、20年余にわたり経営者として社業の発展に努め、「よい商品を提供し、お客様に喜んで頂くことが社会への貢献である」という信念のもとに、自動車車体の開発・生産に取り組み、今日のトヨタ車体株式会社の礎を築いて参りました。

 同時に、氏は科学技術を大切にする気風を尊び、科学技術の振興こそ国民福祉と国民経済の発展の源であるとの認識にたち、人材育成にも並々ならぬ意欲を傾注して参りました。

 本財団は、立松 巌が満90才を迎えるにあたり,こうした氏の意志を受け、全ての科学技術の基盤となる基礎工学の研究に取り組む熱い志を持った前途ある学究に対し、研究の助成・海外研究発表の支援等を継続的に行うことにより、科学技術の振興を図り、もって広く社会の発展に貢献することを目的として設立する次第であります。

立松財団 略年表

平成 5年 9月 6日  財団設立申請 立松 巌(トヨタ車体株式会社 元会長)
平成 5年 9月20日  愛知県より財団設立許可
                  (基本財産 14億円で事業開始)
平成 6年 1月25日  研究助成開始
平成11年 8月12日  設立者 立松 巌氏永眠
平成12年 6月 9日  故立松巌氏よりさらに6億円寄贈
                  (基本財産20億円)
平成25年 4月 1日  公益財団法人に移行 
平成30年 6月     立松家ご遺族より株式(15億円相当)を寄贈 
                       (基本財産35億円)
令和 元年 9月30日  事業区域を愛知県から東海3県に拡大

役員(理事・監事)、評議員 名簿

役員(理事・監事)                        (敬称略)
役職名  氏名  所属・役職
 理事長  青木 乙彦  辰巳屋興業梶@代表取締役会長
 理事  江龍  修  名古屋工業大学 理事・副学長
 〃  緒方  正  三重大学 理事・副学長
 〃  角田 範義  豊橋技術科学大学 理事・副学長
 〃  古賀 伸彦  竃L田中央研究所 代表取締役CEO
 〃  松尾 勝博  トヨタ車体梶@取締役 執行役員
 〃  宮ア 誠一  名古屋大学 工学部長 工学研究科長
 〃  王  志剛  岐阜大学 副学長
 監事  魚住 直人   魚住法律事務所 弁護士
 〃  太田 賢一  太田公認会計士事務所 公認会計士・税理士  
【注記】表記は 2022年6月14日時点の所属・役職を示す。(50音順)

評議員                  (敬称略)
役職名  氏名 所属・役職 
 評議員  伊藤 正明  三重大学 学長
 〃  稲垣  武  刈谷市 市長
 〃  木下 隆利  名古屋工業大学 学長
 〃 佐宗 章弘  名古屋大学 副総長
 〃  鈴木  武   東海国立大学機構 非常勤理事 
 〃  寺嶋 一彦  豊橋技術科学大学 学長
 〃  中西 広吉 竃L田中央研究所 代表取締役所長兼CRO 
 〃  増井 敬二 トヨタ車体梶@代表取締役社長
 〃  水澗 英紀  トヨタ車体梶@取締役 執行役員
【注記】表記は 2022年6月14日時点の所属・役職を示す。(50音順)

選考委員 名簿

                                  (敬称略)
役職名  氏名  所属・役職
選考委員
(委員長)
薩摩  篤 名古屋大学 大学院
応用物質化学専攻 教授
選考委員 池浦 良淳 三重大学大学院
工学研究科長
石田 幸男 名古屋大学 国際交流協力推進本部
名誉教授・特任教授
石橋  豊 名古屋工業大学 大学院
工学研究科工学専攻 教授
海老原 昌弘 岐阜大学工学部
化学・生命工学科 教授
大北 雅一 名古屋工業大学 大学院
工学研修科 教授
高橋 由雅 豊橋技術科学大学 大学院
工学研究科 教授
 宮ア 誠一 名古屋大学
工学部長 工学研究科長
柳田 秀記 豊橋技術科学大学
機械工学系  教授
【注記】表記は 2022年6月14日時点の所属・役職を示す。(50音順)



公益財団法人 立松財団

〒448-0002
愛知県刈谷市一里山町金山100番地
トヨタ車体株式会社総務部内

TEL 0566-36-9840
FAX 0566-36-2195